イルカが愛を確かめにくる、青い海の底の日常生活

bigblue909.exblog.jp ブログトップ

久しぶりに近況報告でも

1月末で、3年ちょっと働いた職場を退職しました。
理由は、雇用保険の都合、みるみるシフトが減ったからで。プーになって一週間経つけど、前も仕事の日よりも休みの方が多かったので、ほとんど生活が変わらない。仕事が面接やExcelのスクールに変わっただけ。最後の二ヶ月は、ひどい時だと4連休が2週続けてなんてのも。
なので日雇いのバイトを入れてみたら、私のように本職があり余暇を利用して、みたいな人や学生さんが多かった。けど私は一発目に「当たり」を引いてしまい、座り仕事で手だけ動かし、雇い主も良い人でお茶とお菓子まで出してくれて・・・みたいな。けどそこ、そんななのでいま問題になってる「2・30代の貧困女性」のたまり場になってて。「ここに来て3年」なんて笑顔で言う子もいて悲しくなる。2回行ってみて、どうにも見てるのが辛くなり行くのをやめた。
他にも2箇所の現場に入ってみたけど、立ち仕事で厳しい現場監督に監視されて、すごくシビアなとこで、あの子達はこういうとこにまず行って、あのラクさに浸かっちゃったんだろうなと。けど厳しさは利益をあげるという目標に向かってるわけだから、「当たり」のとこよりどう考えても健全な気がする。しかもラクなだけに大した額にはならないし、なんのキャリアにもならないし、未来もないし、あの人達どうするんだろ?と、本当に日本の暗部を覗いてしまったようで、こちらの方が暗澹とした。私も切羽詰ってはいなくても、こんなことをしながらあの職場にしがみつく理由はないと思い、電光石火で辞意を伝えてしまった。
結果、やっぱり辞めて良かったと思う。最後の一年はいろんな担当を持たせてもらってそれなりに面白かったけど、結局誰にでも替えがきく仕事だし、執着もなかったので最後の日は可笑しいぐらい淡々として終わった。ずっと憧れてなった職業だったし、人にも羨まれたけど、内情はワーキングプアも良いとこで。若い子たちは死活問題だからWワークしてる子も多くて、本当に本当にこちらが心配してしまって・・・。

とりあえず、この11年間あいだを空けず働いてきたので、数ヶ月はゆっくりしても良いかなとは思いつつ、やっぱり気になってちょこちょこ動いてしまうんだよね。おまけに派遣会社に登録したら、あれって結構ガンガン紹介くるのね。人気がなさそうなあまり気が進まない所に、初めてなので断って良いのかもよくわからず面接に行き、やっぱりイヤな気分になって帰ってきたので、少しでも不安がある所は断るようになった。いま短期の派遣の面接を受けて返事待ちのところで、ここは自分から行きたいと思った案件なので決まれば良いなと思う。
なぜに短期かって、きちんと就職する前に、どーーーしてもイタリアにもう一回行きたくて。いま就職してしまったら次はいつ行けるかわからないし、かと言って2ヶ月しか間があいてないのにまた行くなんてセレブ行為もねー(汗) でもこの年齢でいつまでも若い子たちに派遣の椅子とりゲームで競り勝てるなんて毛頭思わないので、短期のを少しこなして、そのあとはまたパート(雇用保険つけてきちんと長く働かせてくれるとこ!)に就職できたら良いなと思う。
とにかく、待遇面でもうとっくの昔に見切りをつけてたのに最後の一年だらだらと引き延ばしてしまったのは、すごく仲の良い友達ができたことで。私が辞めるにあたり、お互いに「くれぐれもこれからもよろしく!」と言い合ってw、それだけはあそこで働いて良かったと思う。
安倍さんは「賃金アップ」なんて夢みたいなことを言ってないで、世の政治家はあの「当たり」みたいな現場を本当に本当に一度見ろと言いたい。消費を支える世代があれでは・・・自分の20代の頃の浪費ぶりを思い出すとなんかね・・・。
というわけで、もし短期のものが決まっても、少なくとも今月いっぱいは空くので、滅多にないことと人生の冬休み?を満喫しようと思います。TOEICの勉強も進めないとね。
[PR]
by bigblue909 | 2014-02-08 14:06 | 日常生活
line

ビッグブルーの本気な無駄話。


by bigblue909
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite