イルカが愛を確かめにくる、青い海の底の日常生活

bigblue909.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:語学習得への道( 4 )

(役に立たない)初TOEICへの道

英検の次はTOEIC。というわけで、6月の第181回を受けてみた。検索で来た方と、自分の備忘用に書いておこうと思う。
準備は塚田幸光著「始めての新TOEICテスト 全パート総合対策」という本。最初はTOEICを申し込んだすぐ後から2ヶ月、2回ぐらいは解いておこうと思ったんだけど、(当然ながら)面白くないので遅々として進まず、ギリギリ前日になんとか一度だけ解き終わった。当日の電車の中で、リスニングのアナウンス部分と、巻末のテクニック集だけ読み返した。会場がポートアイランドにある大学という特殊な所だったので、同じ駅で降りる人はほとんどTOEICの人。同じように解説本を読んでる人も多かった。あの英検の子供ばかりの雰囲気から一転、大人な雰囲気ですごくホッとしたな。

当日注意したこと
①体調管理と寝坊はもちろん、昼食を食べ過ぎないこと。家で勉強する時、満腹がどれだけ学習の敵かというのを痛感してるので。私は13時開始に備えて10時前に腹八分目だけ食べた。
②電車は早めのものに乗る。最近どうも電車の遅延にぶつかることが多いので、大事をとって。
③水分少なめ、糖分多め。大学に行く前にコンビニでチョコレートを買って、休憩所で数欠片食べて行った。
こんな感じだったろうか。でもトイレは念のため駅のと大学で受付後と2回行ったので、直前の休憩の時は行かなかったんだけど、構内のクーラーが効いててリスニングの45分が終わる頃には冷えてしまい、すでにトイレに行きたくなっていて参った。これは集中力に影響を及ぼすこと必至なので。夏場はどんなに暑くても、ストールか何か持って行って、畳んでお腹の上にのせておくだけでも全然違うと思う。

リスニング
攻略本のとおり、Part3と4は先読みを優先してマークシートに印をつけるだけにした。けどPart1と2の時に一問ぶん例を読み上げる解説アナウンスが長々と流れていたので勘違いしてしまい、3で一生懸命先読みしてたら例題ではなく本題が出ていて、みすみす一問(いや質問は3つあるので三問)逃してしまい、動揺して立て直すのにPart3の半分ぐらいかかってしまった(泣)
それにマークシートに印だけつけてReadingになったら一気に塗りつぶそうとか書いてあったけど、あれはReading速度に余裕がある人のテクだと思う。Part3と4のぶんを塗るのに数分とられてすごく無駄に感じたので、余計なことをせず手早く塗っておけば良かったと思った。
あとスピーカーを通す音の不明瞭さもあって、いつもヘッドホンでリスニングしてるのに慣れているので困った。普段からヘッドホンやイヤホンではなく、コンポなどから英文を流して自然音の中で聴く練習をした方が良いかも。そしてあの、あのオーストラリア訛りと英国訛りがぁぁ(泣) 予想以上に激しかったよ・・・。

リーディング
これも、思っていたよりはるかに量が多くて、恥ずかしながら私は200問の最後まで行かず。180問届かぬ辺りで終了3分前になってしまい、あとはひたすらA、B、C、D・・・とマーキングして終わったw
対策本を見てると、「いかに英文を全部読まないか」というテクニックの方ばかり書いてあるので、それもどうかと思っていたけど、実際受けてみるとなるほどテクニックなしで全部終わらせるのは無理。だけど同じものを日本語で読むとしたら、質問文を読んで本文から必要な部分だけさっと拾い上げるわけで、要はそこまでのレベルを英語でできる人が上級者、というテストなんだろうね。しかも上級者であれば時間内に全部読むことも十分できるだろうし。

とまあ、初めて受けたTOEICはこんな感じでした。テスト中すごく静かで、ページをめくる音を立てないようにするのに冷や冷やするほどで。あとハングル検定も英検も、係員がボランティアなのか結構いい加減な感じだったけど、こちらはすごく厳格で。でも厳格すぎて、最後に問題と答案用紙を集めるのに、そこまでしなくて良いんじゃない?ってぐらいまどろっこしくて、トイレに行きたかった私はイライラして頭かきむしってしまったわ。
結果は1ヶ月後のわけだけど、この感じだったら平均点行ったら御の字ではないだろうか。全く行ける気がしないんだけど(泣) でも一年後の同じ月に受ければ受験料一割引きらしいので、毎年6月はTOEICの月と決めて、自分の英語力向上の指標にしようと思う。でも私としてはTOEICよりも、やっぱり英検準一級がほしいなと思う。あちらは話す力も必要だから。いつか取れるように、あわーく目標にしておこう。
1月から試験対策の勉強法だったので、また会話の方に力を入れる勉強に切り替えた・・・という話は、長くなるのでまた次の機会に。
[PR]
by bigblue909 | 2013-06-26 17:38 | 語学習得への道

社会人のための(役に立たない)英検2級取得の道

a0031041_1515086.jpg今さらなのですが、わたくしこの度、英検2級に合格しました。合格発表の朝、夢の中に「学問の神様」が出てきて、お祈りしたらニッコリ笑って目が覚めたので、あ、合格なんだなと思った(実話)。30cmぐらいの、ちいさいおっさんみたいな神様だったよ。
試験を受けてみようかと思いついたのは去年の8月で、今年転職を考えてるものですから、履歴書に書ければ良いなーなんて思ったのが始まり。イマドキ英検なんてのも流行らないんだろうけど、TOEIC何点とかよりも、やっぱり英検て書いた方が、英語を勉強してない人はわかりやすいんだよね。ちなみに英検は高1の時に強制的に3級を取らされて以来、受けたこともなかった。
ターゲットを1月に絞って一次試験に臨んだものの、まず受験地の選択から失敗。てっきり最寄の駅近の会議室ででもやるのかと思ったら、遠い田舎の駅で降りて20分近く歩いたところにある大学内。都会なら社会人率もあがるんだろうけど、見渡す限り中高生(と小学生ちらほら)という状況に、来なきゃ良かったという後悔がひしひしと。私の他には40代の男性が、前の方でちいさーくなってた。わかる、わかるわあ。だからね、2級の合格率約25%なんて数字はまやかし。あの顔ぶれでもっと高かったらおかしいでしょう。

心配だった筆記試験は終わった段階でこれならいける!と。逆に難易度は高くないものの、70分の筆記で疲れたすぐ後に30問のリスニング試験で、これはきつかった。韓国語の時は20分の休憩があったから、必ず飲み物とチョコレートで糖分補給したし、休憩がないのであればリスニングを先にするべきでは。筆記ですっかり安心&慢心したからか、ラストの10問で集中が切れてパニックをおこし、落ちるかも!と考えて頭が真っ白になってしまった。答えあわせをしたらその部分もちゃんと当たってたんだけど、あれは怖い瞬間だった。
無事一次合格の通知が来て、二次の面接は受験地を神戸に申請し直したので、神戸で受けられた。前回中高生の山を見たので、二次は全くやる気を失っていた。だって一次を通ったって言ってもほとんどあの中高生で、その中の80%が受かるんでしょ? と思ったら、通らないはずはないと思って。なのでほとんど緊張もなく(筆記前の方がよほど緊張した)、30分ほど待って面接。でも終わった時の感触が悪くて、やばいな・・・と思ったら、案の定ギリギリの点数。すごく後味の悪い合格だった。
それにしても、一次も二次もだけど、係員の声が「ああ?!」って下品な訊き方したいぐらい小さかった。目の前にいても全く聞こえないぐらい小さいし、恥ずかしそうにモジモジしてる。スーツの男性や私が年上だからかと思ったけど、中高生にも恥らってる。意味がわからない。嫌ならやらなきゃ良いのに。場違いなとこで自意識過剰にモジモジしてる人って、見てる方が恥ずかしくなるよね。

一応私の勉強法を書いておきます。
去年の8月の段階の私の英語力は、英検HPの過去問題をやってみたところ、リスニングはほぼ問題なし、けどリスニングで満点近く取らないと、筆記でギリギリ合格か落ちるか、ぐらいのレベルだった。けど知らない単語が多いだけで、覚えればなんとかなるかもと思った。
なのでamazonの中古で合格対策本を二冊購入、これを12月までの4ヶ月でちびちびと解くのと平行して、ひたすらi-know!で単語を覚えた。これだけ。私はこのi-knowは勉強というよりゲームに近くて、性格的にムキになって毎日「学習アイテムゼロになるまで!」とやってるうちに、いつの間にか単語を覚えてたという感じで。リスニングも、それまではいろいろやっていたけど、このi-knowの例文をヘッドホンで聴いて一緒に音読、のみになった。というか、これをやっているとまた別に英文を聴いて・・・という気力がなくなってしまう。
実際i-knowで覚える→対策本に面白いぐらい出てくる、というサイクルで、やればやるほどこの前覚えたばっかりやん!とウフフ笑いが止まらなかったんだけど、今まで私が薦めた二人は、どちらも「やってみる!」と言ったきりこのことには触れないのでダメだったらしい。勉強法は相性があるのでしょうがないけど、もったいないなと思う。いまやってるのは英検準1級、TOEIC700点辺りの単語で、私には本当に合ってる勉強法なんだけども。やったことないけどDUOも良いらしいね。
長文を読むのに慣れてないのだけ心配だったけど、英検サイトに登録しておくと、試験2週間前ぐらいに限定で練習問題が解けるページにアクセスできるようになりこれを利用。本番さながらの問題が7日間ぶんあり、1週間前から毎日ひたすらこれを解いた。すごいボリュームなので全部はできなかったけど、ここで結構な量の長文を読む練習になったのはありがたく、おかげで本番では10分ほど時間が余り、見直しの時間もできた。

二次の面接の方は、対策本とネットでの情報を読んだぐらいでほとんど何もしていない。話すというのは日頃の積み重ねだし。ただ、ネットで見てると中高生は学校で教師が何度も練習をしてくれるらしいので、こればかりは社会人は不利かも。
readingで頻出の単語、allow(アローではなくアラゥと発音する)なども、i-knowで音読しながらやっていると自然と身につくし、実際このallowは私の時も出てきた。でも次の質問は音読に気をとられて内容が把握できずpardon?を2回発動し適当に答え、3コマ漫画のストーリー作りはグダグダ、大学生のアルバイトについてどう思うかと、ソーラーパネルは今後増えるかという質問だけ、はきはき答えた。帰り道は不安いっぱいでしょうがなかった。結果、恥ずかしながら点数を公開すると、
reading 4/5点
Q&A 14/25点
attitude 2/3点
20/33点(合格点19点)
自分的にreadingで満点をもらえなかったのは痛かった。予想ではQ&Aの内訳は2,2,2,4,4,ではないかと。最初に20点という点数を見て激しく落ち込んだんだけど、よく考えたらあのぐだぐだの受け答えでQ&Aで14点もらえたのはラッキーだったかも。議論になりがちなattitudeは、私の場合入るときにノックするのを忘れたし、特にニコニコもしなかったし、積極的に話そうという姿勢もみせなかったし、けど2点もらえた。1点に違いないと思ったけど。面接官は50歳ぐらいの日本人女性でした。
んー、他の人のを見てないからなんとも言えないけど、多分話すのが得意な人と、苦手で黙り込んだ人以外の真ん中ぐらいの層は、話した内容的にさほどレベルは違わないのではないかと。そこからの点数の伸びしろは、話せないけどひねり出してます!というアピールがどれだけ出来るかなのでは。私は多分「やらなかった方」だと思う。にしても、私が躓いた短文内容把握と漫画ストーリーは、練習すればなんとかなるだけに、慢心せずやれば良かったと思う・・・。

というわけで、社会人になっても英検を頑張りたいという人の役に少しでも立てばと思い書いてみた。2級は最初の砦みたいなものだけど、それでもアメリカやオーストラリアへの留学証明になるみたいだし。2級ぐらいまでは単語力が物を言うのではないかと想像。実際、私も単語を覚えただけで飛躍的に点数があがったので。一次が終わった時点では準一級も頑張ろうかと思ってたけど、やっぱり英検は面接がねー(汗) 英検はもう受けないにしても、私の課題はスピーキングだと思った。次は6月のTOEICをターゲットに頑張ろうと思います。
[PR]
by bigblue909 | 2013-03-10 20:34 | 語学習得への道

会話の壁

a0031041_14154578.jpg定額給付金でサマードレスを買わなかったので、前から買おうか迷ってた電子辞書をついに購入。オークションで二つ前のモデルゲットなのでだいぶ安かったと思う。もちろん韓国語コンテンツが入ってるもの。最近の電子辞書の良いところは、英語も韓国語も、音声が出るところ。発音チェックができるのね。
でもこれ意外と重くて、量ってみると本1冊ぶんぐらいある。いつも読書用の本必携の私としては、2冊ぶん持ち歩く感じになるのでやはりちょっと重い。家にいる時は今までどおり紙の辞書を引くぞ、と思ってたんだけど、キーを叩くほうが早いのでどうしても電子辞書を使ってしまって。でも小さいから手元に置きやすいので、日英韓、疑問を持った言葉をさっと調べられるのでやっぱり買って良かった。これからも活用し倒そうと思う。

最近は11月のハングル検定に向け、中級のテキストを頭からやり直してる。目指せ、一発合格。思えば今月で韓国語の勉強を始めて丸4年なのだ。レベルとしてはまだまだだし、語学って本当に難しいものなんだなと身にしみて思うけど、なにも知らなかった4年前よりは、確実に進歩してるのは確か。なによりも、自分にも頑張ってるものがあると、この4年間思えるものができたことが一番嬉しい。
だけどここ数ヶ月、会話教室に行くと先生のSさんが、テキストを使わず話しまくる、ということが多くて。仲良くなったぶん、私に話したいことも多いらしく、その時間は行く度に長くなっていって、え、今日私ほとんどしゃべってないよな・・・という日があって、はっきり「授業もやろう」と言った方が良いだろうか、と悩んだ。で、次に行った時にテキストの存在をさりげなーく匂わせ、少し授業をやるようになったんだけど、特にSさんの中でテキストに沿って授業をやらねばという考えはもうないらしい。
でも考えてみると、もう通い始めて1年以上経って、韓国語独特のレアな表現以外は先生の話の大抵は聞き取れるし、発音も(うまくはないけど)問題になるような部分はないので、特にテキストをやる必要はないのだ。テキストの例文を見ながらだったら、誰でもしゃべれるわけだし・・・。それにSさんも通い始めた頃に言ってた、「最初は日本語を交えながら、慣れてきたら全部韓国語で」って。最終的にフリートークができるのが目的であって、良く考えればその最終段階に入っても良いと判断してくれたんだと思う。

でも私がいきなり焦り始めたのは、テキストをやれば少なくとも「今日はこれだけしゃべった」と自己満足できる部分があるけど、フリートークになった途端あわあわしてしまい、それが「また今日もしゃべれなかった」というフラストレーションの方ばかり感じるからだと思う。うまく言葉がでないと焦るほどしゃべれなくなる。数ヶ月前に何も考えてなかった時の方がよほどうまかった気も。
というわけで、どうやら最近壁にぶつかったよう。これを越えればある程度形になるんだろうとは思いつつも、なんとなく、「私、実際バカなんじゃないか」と行く度に思ったりして(笑)、うーむ。こんな壁を越えて越えて、みんな話せるようになっていくんだろうか。難しい。

そういえばSさんが、「最近ムカついた話」と教えてくれたんだけど、さかんに僕はアメリカ人だとアピールする男性が、「Are you speak English?」と声をかけてきて、この辺にインターネットカフェはあるかというので、英語と日本語を交えて会話してると、突然流暢な日本語で「あなた日本人じゃないよね?」といわれたそうで。なぜわかったのかと訊くと、「韓国人の話し方だから」と。
Sさんがかなわないほどの綺麗な日本語を使うし、そこまで聞き分けるのもただ者ではないのに、アメリカ人と言えば日本の女の子が釣れるのをわかってて英語で、しかも韓国人とわかるやいなやさっさとどこかに行ったことに「今思い出しても本当に腹が立つ」と言っていた。「でもまあ、私もインドネシアや中国の男の人に好かれても、先進国の人だったら良いのにって思っちゃうから同じなんだけど・・・」と言う。
また、「韓国でも日本の女性は本当に本当に人気があるよ」とのこと。そうなの? と私。ネットや本なんか読んでると、韓国人は「日本の女性はブスだ、肌が汚い、足が太い」と言うだのそんなのばかり読んでるのでなんだかピンとこない。
だけどまあ、一般的に言って私たち日本人は、日本に生まれたってだけで得してることの方が断然多いと思う。他の国を見る時、「あそこは先進国だ、そうじゃない」という分け方をすることはほとんどない(少なくとも私はない)し、それはやっぱりそういう部分でイヤな思いをしたことがないから意識しないんだと思う。

と、「外から見た日本」を知りたくて韓国語を勉強し始めて、こういう話も聞けるようになったのだ。これが本来の目的であって、「話せるようになること」自体を目的にしたらやっぱり違う。それではただの勉強オタクだ。焦ってもしょうがない。1年後は、2年後は。これでいいのだbyバカボンのパパ。
[PR]
by bigblue909 | 2009-08-12 14:16 | 語学習得への道

プサネ カッタワッソヨ(釜山に行って来ました)

a0031041_1539141.jpg一人旅の大冒険が終わりました。特に必要に迫られない限り韓国語を使うことは考えてなかったんだけど、一人旅なのでやはり使う場面は多かったです。てゆーか、一体なんのために勉強してるんだ(笑)
どこに行っても日本語メニューや日本語表示のあるソウルとは違い、釜山はほとんどそんなこともなくて。だから食堂で注文を取りに来るおばちゃんも、こちらが外国人とわかると店員同士で押し付けあったり、尻込みしながら来るのがありありと伺えるんだけど、ハングルのメニューが読めるとわかるとホッとした顔をするし、少しでもしゃべるとその後の接客がガラッと好意的になって、一人でもすごく気持ち良く食事ができて。
なので少しずつ自信がついて小出しにしていって、最後には自分から積極的に、用件は言えるようになってた。みんなそうするとすごく喜んでくれたし、バカにする人なんていなかった。それでもいきなり韓国語で話すと聞き返されることが多くて、やっぱり会話教室の先生たちは日本人が話す韓国語に慣れてるのでちゃんと理解してくれるけど、ネイティブにはそうじゃないんだなと、反省点は出た。でもやらないよりはやってた方が良いのは確実に言えること。

聞き取りの方は、毎日何かしら聞くようにしてた甲斐あって、私に向けられる程度の公的なものはほとんど困らなかった。ネイティブ同士の早い会話はまだまだだけど。化粧品屋の店員には日本語が少しできる女の子がいるので、そういう子とは日本語で話すけど、韓国語で言った独り言を聞いて笑ってしまい、「わかるんですか?」とびっくりされたり。逆に、CD屋に一人でいるので普通にレジで「会員カードはお持ちですか?」と訊かれ、「オプソヨ(ありません)」の返事で外国人だとわかったらしく、女の子の店員が驚いて笑い出したりして。
結局外国語って、「いま日本語じゃない言葉を聞いてる」という垣根がとれるまでとことん聞き込むことと、言われたことに対してすぐに言葉が出るようにする条件反射力を養うことで、‘勉強’という脳みそを使うことよりも、五官などの身体的な方がずっとずっと大事なんじゃないか、と今回思った。
だから「これぐらいだったら聞きとれる」という範囲を根気よく、少しずつ広めていくためとにかく聞きこむこと、そして条件反射はやっぱり相手あってのものなので、そういう機会をちゃんと作らないとダメなんだと思う。
とにかく、あのソウル一人旅の後で「行かなきゃ良かった」とさえ思ったのも、今回は挽回できた。勉強してて良かったという本来の場所にようやく戻れたと思う。明日は会話教室の先生に「韓国語を話してきたよ」という報告ができそうです。

そういえば、釜山に行く前に観光の参考になるかもと思い、映画「友へ チング」のビデオを借りてきた。釜山が舞台の代表的な映画らしいので。結局なんの参考にもならないうえに映画としてもあんまり面白くなかったんだけど、この映画に「ファンタスティック・カップル」のコン室長が教師の役で出てたのですよ。聞き取りで私を苦しめるあのしゃべり方は、釜山訛りだということがわかった。とにかくこの映画、本当に聞き取りにくくて。主役の一人、チャンドンゴンだけそうじゃないけど、調べたらソウル出身の俳優らしいのでやっぱりなという感じ。
なので釜山に行った時も、あちこちからチングしゃべり?が。そこでミョーに耳についたのが、「가지고(ガジゴ)」という言葉。これは、~で、~なので、みたいに使うんだけど、通常 ~서(~ソ)を使うのが普通だと思う。私は「そういう言い方もある」という知識だけで、ほとんど使うことはないなと思ってた。だってガジゴガジゴ言ってたら絶対綺麗じゃないもの。
ドラマや映画を観ててもそうは出てこないんだけど、釜山では本当によく耳にしたからなんか異様で。1年前にソウルに行った時はここまでのリスニング能力はなかったので、もしかしてあの時も言ってたのかもしれないけど、うーん、やっぱり地域性の気が。これも明日、先生に確認してみようと思ってます。
[PR]
by bigblue909 | 2009-04-17 15:38 | 語学習得への道
line

ビッグブルーの本気な無駄話。


by bigblue909
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite