イルカが愛を確かめにくる、青い海の底の日常生活

bigblue909.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日常生活( 14 )

BBの野望、その後

GWには更新しようと思ってたのに、最終日になってしまった(泣)
3ヶ月ぶりのblogだけど、あれからヒジョーに忙しい毎日を送っています。決まったら良いなと書いた短期の仕事は不採用になり、失意のままに(?)友達とバス旅行で遊びに行っている先にかかってきた派遣会社からの仕事依頼。切羽詰ってる様子が伝わってきて、早く遊びに戻りたかった私はよく考えもせず、3ヶ月ならまあ良いかと「やりますよ」と簡単に引き受けたんだけど、こういうのも何かの縁なのかな…その期限もそろそろ迫り、雇用期間がまた3ヶ月延びて。
最初は社長クラスは私の名前を覚えてる気配もなく、派遣てこんなもんなんだなってガッカリしたんだけど、今では良いお歳のくせに人見知りなその社長にも可愛がってもらっていて。引継ぎがたった2日、誰かを頼って訊くとうるさがられという状況でお腹を壊し、最初の3週間で2kg落ちてしまったんだけど、仕事を覚えるにつれ風あたりも弱くなっていって、かつてないほど快適な環境で仕事をしています。

けど2日違いで入社した正社員さんの歓迎会に、私は呼ばれもしなかったという出来事があり、そのことに思いの他ショックを受けている自分にショックを受けたというw だって、今まで「どうやったら会社の飲み会に行かなくて済むか」の裏技ばかり考えてたような人間が、いざハブられるとやっぱショックなのかっていう。まあ、フルタイム、派遣、嘱託などいろんな雇用形態の人間がいる中、歓迎会に行ったのは正社員だけだから公平なのは間違いないんだけど…そしてもし呼ばれたとして行きたいかって言われたら、やっぱり行きたくないんだけどw
その他にもそのフルタイムや嘱託なども全員出席した会社総会には派遣の私だけ呼ばれず。これは契約外の土曜日開催だったし、そもそも私は派遣会社の社員なのでむしろ出る方がおかしいんだけど、私の気持ち的には「派遣先だから仕事の熱の入れ方が違う」ということはないので、やっぱり派遣てなんとなく立場的に微妙な感じ。
だけど人間関係的にはその微妙な距離感の気楽さは絶対あるのも事実。見ていると正社員の負担も大きい会社(やたら回数の多い会議、委員会活動や社員旅行など)だし、あれをやらなくて済んで良かったなーと遠くから見ていたりして、やっぱりどんな立場も一長一短なのね。
代々事務員を派遣で間に合わせてきた会社なので、ここにきて「事務員を定着させてほしい」という要望が社員から出ていて、それが私になるのか、新たに事務員を雇うのかは社長の一任で決まる。私も困ったことに愛着を持ち始めてしまったので、どうせ切られるなら短い方が…と思ってしまうんだけど、どちらにしてもいる間は精一杯頑張ろうと思う。

それにしても9時-17時で働くのは実に11年ぶりだったので、最初はどうなることかと思ったけど、んもーデスクワークがラクすぎてびっくり。前の立ち仕事の3分の1ぐらいの体力しか使わないので、せっかくついた筋肉が衰えないよう筋トレしてるくらい。前の職場にいた時のあの異様な疲れと睡眠量は、私の体力不足ではなかったんだなと。けどやっぱり趣味に費やす時間は激減したし、辛うじて英語の勉強だけは続けてるけど本当に少しだけになってしまった。家と会社の往復だけなので、それがイヤで友達と飲みに行く回数も増えましたね。
そして私が辞めた後の2ヶ月ぐらいで、かなりの人数が辞めたらしい。待遇が悪いせいなので会社としては自業自得だけど、残された人の負担は大きいので大変みたい。一番仲が良かった子とはほぼ毎週ぐらいで会っていて、もはや関西の親友なので、これは本当にありがたいです。
このまま良い状況が続けば良いなと思うけど、派遣を切られた暁には、傷心旅行と称してまたイタリアに行ってうふふな人生を送ってやろうと思いますw
[PR]
by bigblue909 | 2014-05-06 21:43 | 日常生活

久しぶりに近況報告でも

1月末で、3年ちょっと働いた職場を退職しました。
理由は、雇用保険の都合、みるみるシフトが減ったからで。プーになって一週間経つけど、前も仕事の日よりも休みの方が多かったので、ほとんど生活が変わらない。仕事が面接やExcelのスクールに変わっただけ。最後の二ヶ月は、ひどい時だと4連休が2週続けてなんてのも。
なので日雇いのバイトを入れてみたら、私のように本職があり余暇を利用して、みたいな人や学生さんが多かった。けど私は一発目に「当たり」を引いてしまい、座り仕事で手だけ動かし、雇い主も良い人でお茶とお菓子まで出してくれて・・・みたいな。けどそこ、そんななのでいま問題になってる「2・30代の貧困女性」のたまり場になってて。「ここに来て3年」なんて笑顔で言う子もいて悲しくなる。2回行ってみて、どうにも見てるのが辛くなり行くのをやめた。
他にも2箇所の現場に入ってみたけど、立ち仕事で厳しい現場監督に監視されて、すごくシビアなとこで、あの子達はこういうとこにまず行って、あのラクさに浸かっちゃったんだろうなと。けど厳しさは利益をあげるという目標に向かってるわけだから、「当たり」のとこよりどう考えても健全な気がする。しかもラクなだけに大した額にはならないし、なんのキャリアにもならないし、未来もないし、あの人達どうするんだろ?と、本当に日本の暗部を覗いてしまったようで、こちらの方が暗澹とした。私も切羽詰ってはいなくても、こんなことをしながらあの職場にしがみつく理由はないと思い、電光石火で辞意を伝えてしまった。
結果、やっぱり辞めて良かったと思う。最後の一年はいろんな担当を持たせてもらってそれなりに面白かったけど、結局誰にでも替えがきく仕事だし、執着もなかったので最後の日は可笑しいぐらい淡々として終わった。ずっと憧れてなった職業だったし、人にも羨まれたけど、内情はワーキングプアも良いとこで。若い子たちは死活問題だからWワークしてる子も多くて、本当に本当にこちらが心配してしまって・・・。

とりあえず、この11年間あいだを空けず働いてきたので、数ヶ月はゆっくりしても良いかなとは思いつつ、やっぱり気になってちょこちょこ動いてしまうんだよね。おまけに派遣会社に登録したら、あれって結構ガンガン紹介くるのね。人気がなさそうなあまり気が進まない所に、初めてなので断って良いのかもよくわからず面接に行き、やっぱりイヤな気分になって帰ってきたので、少しでも不安がある所は断るようになった。いま短期の派遣の面接を受けて返事待ちのところで、ここは自分から行きたいと思った案件なので決まれば良いなと思う。
なぜに短期かって、きちんと就職する前に、どーーーしてもイタリアにもう一回行きたくて。いま就職してしまったら次はいつ行けるかわからないし、かと言って2ヶ月しか間があいてないのにまた行くなんてセレブ行為もねー(汗) でもこの年齢でいつまでも若い子たちに派遣の椅子とりゲームで競り勝てるなんて毛頭思わないので、短期のを少しこなして、そのあとはまたパート(雇用保険つけてきちんと長く働かせてくれるとこ!)に就職できたら良いなと思う。
とにかく、待遇面でもうとっくの昔に見切りをつけてたのに最後の一年だらだらと引き延ばしてしまったのは、すごく仲の良い友達ができたことで。私が辞めるにあたり、お互いに「くれぐれもこれからもよろしく!」と言い合ってw、それだけはあそこで働いて良かったと思う。
安倍さんは「賃金アップ」なんて夢みたいなことを言ってないで、世の政治家はあの「当たり」みたいな現場を本当に本当に一度見ろと言いたい。消費を支える世代があれでは・・・自分の20代の頃の浪費ぶりを思い出すとなんかね・・・。
というわけで、もし短期のものが決まっても、少なくとも今月いっぱいは空くので、滅多にないことと人生の冬休み?を満喫しようと思います。TOEICの勉強も進めないとね。
[PR]
by bigblue909 | 2014-02-08 14:06 | 日常生活

平穏な日々の中に無理矢理なプチ岐路

a0031041_21274856.jpg←グラビア風のアンニュイな茜さん(?)の写真と共に、お正月ぶりに無テーマでぐだぐだと書いてみようと思う。
前に英検を受けた理由に「転職を考えているので履歴書に書きたかったから」と書いた。去年からずっと、諸事情により今年の9月で辞めようと決めていたんだけど、ここに来てまた迷いが出てきた。というのも、私の人生では初かも?というぐらい、ストレスなく働けているから。
入った時にねちねちといじめてきた人はすっかり丸め込んだwし、いつまでも新人扱いで決まった仕事以外はさせてもらえないのもやる気をなくす原因だったんだけど、一気にいろんな担当になり、今日はあれをしなきゃ!という面白さも出てきた。何より仲良しの同僚が出来て、休みの日もランチしたり、シフトの都合仕事はたまにしか一緒にならないけど、職場で友達に会ってるように嬉しい気持ちになったりというのも初めてかも。
だったら辞めなきゃ良いじゃないかという話だけど、そもそも辞めようと思った最大の理由が、シフトが月半分ほどしか入っていず、収入が大幅に減ったから。税金対策で去年の春からそういう方針になった。まあ少し我慢すればやっていける程度はもらえているけど、子供もおらず働き盛りの年齢と健康な体で、もっと働ける余地が十分あるのに「少し我慢すればやっていける」程度まで押さえ込まれるのはどうなんだろうと。私が強欲なんだろうかと思ったけど、むしろ子供がいる人達は「とてもじゃないけどやっていけない」と、私よりも深刻みたいだ。
でもこのストレスのなさ=収入の少なさと思って納得するか、また大変になるのは目に見えててもそういうものと割り切ってがっつり働くか・・・というので迷っています。それに人が聞いたら馬鹿みたいな事かもしれないけど、今の「平日に映画館に行ける」メリットは、私にとってかなり大きなものなんだよな。
それにしても、その「丸め込んだ」人がにわか私にちやほやするようになり、最近やたらと私の前でfacebookの話をする。凍りついて帰ってから検索してみると・・・ほんとだやってる! しかも職場の若い子たちとはすでに友達になっている様子。もしかして私がやってるのを知ってて話題を持ちかけてるんじゃ・・・と思うと怖くて怖くてw facebook話になると軽く流すことにしている。最初からあんなふうに接してくれてたらwelcomeだけど、あいにく散々嫌なことをされた。

この前久しぶりにまた服の整理をして、ごみ袋ひとつぶんと、靴を2足捨てることにした。服って、整理すると箪笥やクローゼットに余裕ができて、わかりやすくスッキリできる。けど、近藤麻理恵さん風に言えば「トキメかない」んだけど、「もしかしてこの先また事務仕事をするようになった時のためにとっておきたい服」が結構あって困る。もし辞めても次に何をするか全然決めてないけど、その時になってまた買うのもやだなと思って。
そしてジーンズはそろそろ全部捨てなきゃいけないかもな状態。なぜってピチピチのキツキツだから。まあジーンズを履くのも犬の散歩の時ぐらいになってるんだけど、私の人生でこのサイズのジーンズを履くのも最後かもしれない・・・と思い、一番良いので茜さんと歩いている。私にとっては良いことですけどね。

最近OASISの「don't look back in anger」が再びブームのようだけど、先日友達が「BBちゃんと言ったら思い出すのがこの曲」とメッセージをくれて嬉しかった。思い出せば当時その子がレコード屋さんでバイトしてて、お店のサンプルをもらって来て車で聴いてたのを、「これ誰?!」と私が大騒ぎしたのが始まりだったのだ。まあ、その友達はOASIS嫌いなんだけどねw 私も聴かなくなって久しいけどやっぱりあの曲は名曲だと思う。そんな私は最近ジャスティン・ティンバーレイクにはまっていて、また何か書きたいなと思ってるんだけど書けるかな。
とりあえずは31日公開の朝一の回ウォン・カーウァイ「グランド・マスター」に行くのを楽しみにしてるのと、なんで同じ日公開なんだのパク・チャヌク「イノセント・ガーデン」も本当に楽しみ♪
[PR]
by bigblue909 | 2013-05-27 21:38 | 日常生活

いったん無にかえる正月

a0031041_1284596.jpgみなさま、あけましておめでとうございます。今日から仕事という方も多いかな? 私は明日から仕事です。
んでいきなりごめんなさいだけど、またやっちゃった。昨日書きかけのものを非公開と勘違いしてアップしてた。
今年の年末年始は6連休とれ、相方の実家、初詣、初売りに行く以外は特に予定もなく。映画館さえ行かず、本当にゆっくりしています。茜さんもだるだるです。毎年大晦日って疲れがどっと出てしまって、何年か前は年越し蕎麦を作るのさえ無理・・・って時もあったんだけど、今回はカウントダウンの時に蕎麦を前に座る、ということが出来て。余裕があるって良いね。
年明けに恒例になってるのが、「芸能人格付けチェック」を見ることで、なぜって映画監督が撮ったのと素人が撮ったのを見分けるという問題があるから。これ、ずっと外したことがなかったのに、去年の堤幸彦監督と今年の新城毅彦監督、2年続けて外してしまった。んもー悔しくて悔しくて! そしてGacktが一流芸能人転落する日を目にするまで見続けるw

こういう、特にテーマもなく何かを書くのはすごく久しぶり。映画の感想が大変というのが一番の理由なんだけど、日々変わる自分の考えを書いて、わざわざ未熟さをさらすこともないんじゃないかというのもある。まあ、生活のことを書いておくと、自分で後で読み返して、気候・体調・生活形態とかの参考になるから便利なんだけど。
そして年の始めに目標を書くのも恒例だったけど、これも最近、人はそんなに頑張らなくても良いんじゃないかと思っていて、だから書きません。ここ数年自己啓発の本を山ほど読んで、目標を紙に書こうとか、なりたい自分を寝る前に思い描こうだとか、自分の無意識に働きかけようとか、はたまた家の中を綺麗にしようという風水的なものまで、自分を向上するためにいろいろやってみた。けど一通りやってみると、家が綺麗で気持ち良いのは当たり前のことだし、常に目標を設定してジャンプばかりして、じゃあいつ満足するんだ?と思ったり。特に5年ほど前は「自分の方向性が見つからない」と悩んだりしたのを思い出すとちょっと可笑しかったりしてw でもまあ、あの時語学の方に向かったのは自分にすごくプラスになったけど。
結局、身の回りを綺麗にして、規則正しく生活し、時にははめも外し、コツコツ働き、体を動かし、ゆっくり休む、笑ったり怒ったりして、でも心平らかに保つ、それで良いのではないか、「生きてるだけで丸儲け」というのが究極の真理なのでは、と思う今日この頃。
あ、でも語学の勉強はただだらだらやってもしょうがないので、ある程度試験とかでレベル設定もうけるけどね。

みなさま2012年映画のベストを発表しているようで。私も去年みたく6月になるようなことは絶対に避けようと思いつつ、神戸で19日から時差公開のものが1本あるから、それを観てから決めたいというのもあって。でも観たらすぐにアップできるよう準備しておこう。
毎年思うけど、正月を迎えると映画の方も「イチからやり直し!」みたいな雰囲気になるのが良い。また一年、今日観るものがベストなのではないかと思いながら映画館に向かうのだ。
それでは今年もよろしくお願いします。
[PR]
by bigblue909 | 2013-01-04 12:09 | 日常生活

福島へ帰郷

福島の実家に帰って来ました。去年は家には寄らず家族で上海に旅行したので2年ぶりの郡山市。
どれほど町は変わったかとドキドキだったけど、車中から見る景色はほとんど変わらず。ただ、瓦の屋根の家は被害が多く、修理殺到のため手が回らず、梅雨の中屋根にビニールシートを敷き石をのせた家が目立った。また、街では大きな店舗ほど窓ガラスが割れた所が多かったらしく、特注のためまだガラスが入らずにベニヤ板で代用し、数ヶ月経ってやっと営業を再開したところ、修理額が大きく閉店せざるをえなかったところなどあるようだ。
でも郡山の隣の須賀川市に行くと被害はもっと大きい。地震後、まだ情報が少なかった時、第一報で入ったのがこの市の被害で、私が通っていた高校のすぐ近くの工場が文字通りぺちゃんこになっていたのに驚いたけど、その後続々入る津波のニュースに、この市の被害など吹き飛んでしまった。この工場の前を通ったけど、いまだ瓦礫の撤去が途中になっていて、地震と知らなければまさに爆撃に遭ったような凄まじい様相。
この市にはうちのお墓があり、私の兄のお墓は大きな石が落ちただけだったのですぐに修正できたけど、祖父母の墓はめちゃめちゃで、こちらも修理殺到のため未だ放置されたまま、お盆までには直してほしいと言う人が大半だけど、周りのお墓を見回してもあと1ヶ月半で元に戻るとは思えない。
でもやっぱり福島と言えば原発被害。福島空港にも一応ソウルと上海へ行く国際線があり、去年上海便に乗った時は小さいながらも賑わっていたのに、国際ターミナルは閉鎖状態。今はもちろん、これから何年も、福島になど来る外国人はいないと思うと、本当に大変なことをしてくれたと思う。
ただ、郡山に住む人たちは拍子抜けするほどサバサバしていて、実際、気にしていたら生活できないというのが本音なのでは。私に会う人に必ず訊かれたのが、「関西では原発のニュースやってるの?」。これには心外で、「毎日やってるし、関心も高いよ、みんなちゃんと考えてるよ」と答えた。だってそうでしょう? 他人事なんて絶対に思えないよ・・・。
でもいくらサバサバして見えると言っても、地震後、確実に人々の意識は大きく変わったんだと思う。今の日本で何がおこっているのか、海側に見に行きたいという気持ちはあったけど、物見遊山で見るべきでないとも思う。母や姉は行ってみたけど、可愛そうで見ていられなかったと言っていた。
私は特に気にすることなく、普通に雨に打たれて歩いたけど、やっぱり子供がいる人は神経質にならa0031041_20512969.jpgざるをえないようだ。だけど故郷に人が寄り付かないのは悲しい。福島は広いんです。会津の方などはほとんど被害はないのだから、今までどおり観光に行ってほしい。それが無理ならどうか福島のものを買ってください。そうやって私達日本人が助けあうしかないのだから。
←野菜専売所にあった、全国からの応援メッセージ

ここからはお気楽blogとなりますが、2年ぶりに友人のMちゃんに会った。あの時Mちゃんはマタニティ&産後&子育て鬱でひどい状態で、明らかに子供が可愛くない様子だったけど、二人目を生んで見違えるぐらい母親になってて。余裕がなかった長男の時に比べ、今回は心に余裕があるので次男くんを「可愛いと思えるんだよねー」と。こっちがハラハラするぐらい、長男と次男に対する態度が違う(笑)
でも2年前はゆっくり話せたけど、子供二人となるとそうもいかなくて、忙しい子育ての凄まじさを目のあたりにし、安易に遊びに来たことを後悔。だって二人で話してたら長男がおしっこをもらしてしまい、「お母さんたちがお話してたから」と泣きながら言うんだもの。Mちゃんとも話しが合わなくなっているのを感じたし、申し訳ないので早々に退散。お互いに「ごめんね」と謝りあって。私、人生のものすごーく大変な部分を免除されてる気がした。Mちゃんは「これは望んだことではないし、BBちゃんが羨ましいけど、今はやるしかないんだよね」と。うーん、それぞれがそれぞれの課題を抱えて生まれてきたのだ。私には多分子育てという課題がなかったのだ、と思うと、しょうもないことで不満抱えてたらダメだなと思った。
その他は特に予定もなかったので、本当に何年かぶりに郡山の駅前のバーゲンに行ってきた。正直神戸でいつも見てるのに郡山で服なんか見て面白いのか?と思ったんだけど、関西にはないブランドが多いのですごく面白くて、アホほど買い物してしまった。やっぱりその土地の流行ってあるんだなと。
反対にあきれ返ったのが映画事情。つぶログにも毒づいたけど、「X-MEN」がやってないばかりか、じゃあ「SUPER8」初日だからやるでしょ!と調べたけどなし。なにせ10スクリーンのうち二つが「パイレーツ~」の字幕と吹替え、それ以外は全部邦画とアニメ。邦画だったらまっちゃんの「さや侍」なら観に行っても良いなと思ったけどそれもなし。とにかく確実に採算があいそうなAKBの誰だかが出てるのとかそういうのばっかり。私が住んでた10年前の数十倍悪くなってる状況に愕然。
もともとこの劇場、係員の態度が悪かったり、「夢を売る商売」という意識がものすごく薄かった印象があった(今はどうか知らないけど)。この不況下ターゲットを家族連れや中高生にしなければいけないにしても、上で挙げた映画だって十分集客が見込めるはずだから、やっぱり郡山自体の文化意識がものすごく低いと思うしかない。住んでる人口に対し僅か10スクリーン、しかもあの内容の地域なんて本当に郡山ぐらいなのでは。あまりにもプアーな文化意識を垣間見てしまい、どんどんうら寂れていく商店街の風景よりも何よりも、心寒くなったなあ。故郷の繁栄を願うものとして警告。街は人が作る、その街で人が育つ、文化に触れる場所を作ってあげなければ豊かな感受性も育たないよ・・・。

全然関係ないけど、今日シネリーブル神戸に映画を観に行って二千円払って五百円お釣をもらった。シートに座って上映を待ってたら、係りの人が走ってきて「さっき新札をいただいたけど、お札がくっついてて三千円だったようなんです」と言って千円返してくれた。日本て、ほんっっとうに良い国ですね。
[PR]
by bigblue909 | 2011-07-02 20:52 | 日常生活

大好き奈良

先週の火曜日、奈良に行って来ました。今回はいつもとは違って阪神電車で。行きたい場所が阪神の駅から徒歩圏内なので、レンタサイクルを使わず回ろうと思ったから。三宮でJRから乗り換えた時に偶然知ったんだけど、今月から来年の4月まで1年間、スルーパスを発行してるらしく、いろんな観光地のクーポンがついた小冊子までついててこれはすごくありがたかった。奈良行きの直行電車が1時間に3本あるので、それさえ間違えず乗れば乗り換えなしでラク。a0031041_20524563.jpg
今回、ランチは近鉄奈良駅近くのベトナム料理屋「コムゴン」でと決めてた。前に見かけていいなと思ったんだけど、開店前で入れなかったとこ。ネットで開店時間を調べておいて、それ以降に着くように逆算して家を出た。
バインカンランチというのを頼んだんだけど、安い・美味い・お腹いっぱいの三拍子で、今まで奈良では食べ物屋さんはどこに入ってもガッカリな感じだったので、これはすごく良かった。レジのとこに蓮茶も売ってたので一緒に買ったんだけど、三宮のベトナム料理店で売ってるものと同じなのに半額ぐらいだった。

満腹になったとこで、徒歩で興福寺へゴー。今日こそ阿修羅像を見るのだ。ガイドブックのお薦めどおり、ちゃんと大通りの方からではなくて猿沢池の方からグルリと回って景観を楽しんでから入った。a0031041_2053977.jpg桜がポツポツ咲いてたんだけど、あと2日ぐらい経てばきっと満開だったんだけどまあこれはしょうがないですね。
東金堂でお祈りしてからいよいよ国宝館へ。雑誌やら何やらで見かける日本の代表的な仏像がここにはたくさんあって、やっと見れた!という感じ。ところが私、コンタクトも眼鏡も忘れてしまったの(泣) こういう天気が良い日の屋外は裸眼でもコンタクトをつけてるのと変わらないぐらい綺麗に見えるんだけど、薄暗い屋内は全然ダメ。しかもこの国宝館、ライトがものすごく薄暗くあたってるので、眼鏡ありでもはっきりとは見えにくいと思う。なんにしても、またそのうち見に行こうと思う。今まで奈良京都で見た仏像では、この国宝館と平等院鳳凰堂、そして三十三間堂が質・量揃ってて何度でも見に行きたい感じだ。
そして南円堂のお手水のとこで、持参した天然石を全部水につけて清めた。いつも私の煩悩と悪しき思いにさらされたっぷり穢れを受けている天然石たち、さぞや気持ち良かったと思う(笑)

そして近鉄奈良駅から大和西大寺駅に行き、平城宮跡へ。私のイメージでは駅前から賑わっててようこそ!という感じなのかと思いきや、普通の商店街があるだけで案内もなにもなく、あれ?!という感じ(まあ、奈良って大体そんななんだけど)。なので地図を頼りに歩いて行くと、近づいてるはずなのに一向に盛り上がる気配がなく、不安になってきて道行く人に訊いてみたら「多分すぐそこだa0031041_20533265.jpgよ」と指をさす。え、多分て地元の人も知らないの? あんなにニュースでやってたのに・・・と、言われたとおりすぐそこが敷地内だった。
でも入ってみて納得。まだ建物がひとつと門があるだけで、ガランとしてる。これからいろいろできるらしいけど、観光するには時期尚早という感じ。しかも去年の夏にお披露目した時、見に行った人達が炎天下で何時間も待ってぐったりしてたけど、さぞや暑かったろうと想像できる。本当に日陰になるものがなにもなくて、やたらと広くて延々歩く。4月上旬でも歩いてて上着を脱いでぜーぜーしたぐらい暑かった。
そしてこの時代は中国や朝鮮の模倣文化だったからしょうがないけど、平城宮も韓国で見れるような大きいばかりでガランとした何もないもので、日本らしさがまだまだ確立できてないものを再現した感じでがっかり。きちんとした見所ができる頃、あと10年後ぐらいに来た方が面白いかもしれないと思った。

そんなわけで、予定よりもものすごく早く終わってしまって帰ったんだけど、JRでの奈良の旅は二人がけの席に個室感覚で座り、買ってきたジュースとお菓子をちびちびし、田舎の風景を見ながらゆっくり本を読むのが楽しみのひとつでいかにも大人の修学旅行という感じだったのに、この阪神電車はずっと都会を走っててガッカリ。座席も普通の通勤電車、人が大勢乗り降りし、大阪では地下にもぐり、ただの交通手段に80分乗って疲れただけという感じ。でもまあJRより安いし、今後は行き先によって使い分けようと思う。
私としては有名どころは結構行ってしまって、まだまだ行きたい所はたくさんあるんだけど、あとは町外れや車がないと行けないところ、泊まりじゃないとダメなとことか。でも京都は誰かとワイワイという感じだけど、奈良はやっぱり一人で思慮深くというのが気に入ってるので、いろいろやりくりしながらいろんなとこを見に行こうと思う。

そしてこちらでも桜が咲きました。今日相方と茜さんと、おにぎりを持ってプチ花見をしてきたけど、多分今日が見ごろだったと思う。もう4月も3分の1が終わり、そして明日で震災から1ヶ月。まだまだ問題山積の日本だけど、ひととき桜で心癒されたいですね。
[PR]
by bigblue909 | 2011-04-10 21:00 | 日常生活

またまた奈良へ

a0031041_15295180.jpgおとといは半年振りの奈良でした。
事前に調べた時刻表がことごとくダメになるほど、行きの電車が遅延続きで、着いたのは明石駅から2時間半後でグッタリ。とりあえず自転車なんか絶対に漕げないぐらいお腹が減ってたので食事することにしたんだけど、奈良駅が見違えるぐらい立派になっててビックリ! 前回は法隆寺駅で降りての斑鳩巡りだったので、奈良駅自体は1年半ぶりぐらい? 遷都の力ねえ。
駅ビルに食事する所が出来てるのがすごく嬉しかった。11時前に開いてるのが定食屋さんとモスバーガーだけだったんだけど、奈良ではいつも食事する所がなくて困ってたのでこれは本当にありがたい。モスも捨てがたかったけど定食屋さんでチゲ鍋定食を食べることに。ちなみにこれ、なべ鍋定食と言ってるようなものなので学習者としてはすっごく気持ち悪い言葉だ。
満腹になったあとにレンタサイクルに行ったけど、これも場所が移ってて、おじさんは同じだったけど立派になってた。前は掘っ立て小屋みたいなとこで無愛想にしてたおじさんも、ニコニコで雑談なんかしちゃって別人のよう。良かったねえ、おじさん。

というわけで自転車でゴー。多分こっちの方と勘で走っていったら無事唐招提寺に着く。修学旅行生やツアー客もたくさんいた。人は多かれど雑然としてる感じは全くなく静かだし、紅葉が始まった木があちこちにあって綺麗なお寺でしたよ。a0031041_15302157.jpg
新宝殿には仏像が数体あって、間近で見れるようになってた。大学生なのか、鉛筆で写仏してる人もたくさんいた。
さくさくっと済ませてメインの薬師寺へと移動。自転車で5分ぐらいだったろうか? 今日は写経をしに来たのだ!と参拝の入り口の所でお金を払おうとしたら、「写経を先にしてください」と言われ、写経道場へ。なぜこっちが先の方が良いかというと、写経をした人は他の場所の無料入場券がもらえるからみたい。これはありがたい。
写経は一番簡単な短いもので二千円。席につくまではお坊さんがお世話をしてくれるんだけど、口の中に丁子をひとつ入れて、お香入れをまたぐ。どちらも穢れを清めるためらしい。いよいよ写経。木曜日の昼過ぎ、10人ぐらいだったかな? 誰も私語などせず静かな中、墨をすって般若心経が書いてある紙を下に敷き、そのまま上の和紙になぞって書いていく。はんにゃーはーらーみーたーです。
筆と墨で字を書くのは本当に久しぶりだけど、やっぱり難しかった。墨をつけすぎると滲むし、かと言って少しだけつけると掠れて書けなくなるし・・・。前に「COOL JAPAN」で同じ場所で外国人が書いてるのを見たけど、あの人達の方がよほどうまかったかもしれない。おまけに前に「えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経」という本を読んだおかげで、書いてるあいだ哲夫の顔がチラついてしょうがなかった。どうなってんの。
そうは言いつつどうにかこうにか書き上げた。私は全部で1時間ちょっとかかっただろうか。途中で私一人になった瞬間があったんだけど、ソフトモヒカンの女の子(!)を含む3人組が来た。お世話係りのおじいちゃん坊さんは、こういう子が来るのがすごく嬉しいらしく、墨をすってあげたり明らかにテンションが違ってた。そうだよね、なんか嬉しいよね。
a0031041_15305463.jpg最後に願い事を書く欄があって、お坊さんは「書けるだけ書いて良いですよ」と言ってたけど、うーんと考え込んでしまった。ちょっと前だったら「良い転職」を願っただろうけど、そんなのもあっさり叶ってしまったし、私なにかあるかな?・・・と。いつも思うけど、パッと書くような願い事がない、という状況はありがたいです。そもそもこのお写経は、何か満たされないからするのではなく、満たされて感謝しているからしたかったわけで。何かにすがりたくて神仏に向かう人は多いかもしれないけど、私は自分が不幸だと思っていたらとても神仏など信じる気にはならないタイプだから。
終わった後、もらった入場券で三蔵院伽藍と白鳳伽藍を見た。昔、修学旅行でどこかのお寺で抱腹絶倒の説教をお坊さんから聞いた思い出があったんだけど、多分それはこの薬師寺だと気がついた。一般人も聞けたら良いのに。なにを話してたかまでは忘れたけど、その辺の芸人なんか顔負けなぐらい面白かったよ。

というわけで、薬師寺は広いしなんだかんだで2時間以上滞在。奈良駅を目指して自転車を漕いだら、行きは気が急いてたから気がつかなかったけど遠い・・・(泣) しかもすごく寒い。やっぱり奈良は寒さが全然違う。短いライダーズジャケを着てたけど、ダウンコートで良かったかもぐらいの寒さで。結局駅までは30分以上かかった。でも奈良ってJRと私鉄の場所が離れてるし、ひとつのお寺の近くに電車があったとしても次のお寺まで歩くしかないし、やっぱり自転車が一番ラクなんだよね。はあ、この不便さも奈良を見捨てられない魅力のひとつか。
書き写してきた時刻表の電車の時間ギリギリに自転車を返して、乗り場まで走って行った。電車が1分ほど遅れてくれたおかげでキオスクで温かいお茶とお菓子が買えて嬉しくて泣きそう。奈良から大阪までは絶対座れるし、時間も長いし、車窓の風景をチラチラ見ながら本を読むのが毎回楽しみだったから、お菓子なしは悲しかったの。お茶の温かさが身にしみて、やっぱりどれだけ寒かったかをつくづく感じた。
今回は時刻表以外の下調べはほとんどせず行ってしまったので、もたもたすることが多かった。また春までにちゃんと調べておこう。次は平城京跡と、今度こそ阿修羅像を見るぞー! やっぱり京都・奈良は大人の修学旅行だねえ。
[PR]
by bigblue909 | 2010-11-20 15:32 | 日常生活

あおによし 奈良の都は咲く花の

a0031041_17454335.jpgかけたることもなしと思へば・・・って、途中から違うのになっちゃった。
というわけで、金曜に休みをとって、一年ぶりに奈良に行ってきましたぞ。今回は斑鳩か、西ノ京にするかで迷ったんだけど、今月いっぱいJRが奈良方面のお得切符発売してるので、斑鳩にすることに。数年前は奈良駅で降りて法隆寺駅で降りて・・・と掛け持ちしたがために、法隆寺内を走って見て後悔したので、今回は一箇所をじっくり見るぞ!ということで。早く家を出て法隆寺駅に着いたのは10時過ぎ。駅前のレンタサイクルで自転車を借りた。前は法隆寺まで歩いてずいぶん遠かった気がするんだけど、自転車だとあっという間に着いて拍子抜け。
まず最初に法隆寺iセンターというとこに入ってみた。ガイドブックにも「ここで最新情報をチェック」って書いてあるしと思ったら、初老の女性に「ボランティアガイドをしているのですが、ご一緒してもよろしいですか?」とハンティングされ、え、とちょっと引く。自分のペースで見たい気が・・・でもそう言えば吉田さらささんの本にもガイドしてもらったと書いてあったなと、善意の人を断る勇気もなく。1時間半かかると言うので、じゃああの私、ちょっとお腹すいてますので食事を先にしても良いですか? と言って、iセンター内の食堂で安いけどフツーの天麩羅うどんをすする。なんか、こんなはずじゃなかった気が・・・。

食事を終えてガイドの女性の所にもどると、「一人で来る人はこういうのがすごく好きで詳しい人が多いの。あなたもよく勉強してるんでしょう? 歴女でしょう? あんまりいじめないでね」と言われた。うーむ、確かに好きだけど、知識はあっさーいです・・・。
でも頼んだのは大正解で、自分だけでは絶対に見ないような所を開けてくれ、え、開けて良いの?!と驚いたり、素人は絶対に見ないような角度にビックリするものがあったり、仏像もライトで照らしてくれるのでよく見える。法隆寺って、本とかで見ると大層なものがあるように見えるけど、実際行ってみるとお堂の中が真っ暗でなにも見えないのです。前回行った時も、それで「すごいものを見たような、見なかったような」という残尿感(?)があったんだけど、今回LSDライトが取り付けてあってちょっと見える! ガイドさんも「そうでしょう、こんな暗くてなにも見えないお寺ないわ。遷都1300年だから今年だけ取り付けるのか、それはわからないけど前よりよく見えるでしょう?」と。うんうん、やっとすごさがわかった!
a0031041_174666.jpg
西円堂、大講堂、五重塔、金堂、大宝蔵院、夢殿と見終わったら、最初に言ってた1時間半を大きく上回って2時間半経ってた。いやいやでも満足。本当にありがとうございました。平日だったので私は向こうから声をかけてもらったけど、ガイドしてほしい時は予約をした方が良いみたい。帰ってから吉田さらささんの「奈良 寺あそび、仏像ばなし」を見返したら、なんと5時間近く!ガイドしてもらったとか。ネットを見ると2時間とか3時間半とか人それぞれだけど、最低でも2時間はかかるようなので、それなりの時間をみて。
それにしても、終わったのが1時半だったので、ガイドさんお腹すかないかな?と心配になってしまったんだけど、それ以上に1日に何度もガイドするのであろう体力がすごい。ああいう人は身も心も豊かな(物質的なものではなくて)余生を過ごすんだろうなと思うと、やっぱり見習いたいですね。最近そういう年配の方を見る機会が多いです。

その後は自転車ですすすい~っと藤ノ木古墳、法輪寺で大きな仏像群を畳に正座してゆっくり見て、世界最古の三重の塔のある法起寺へ。いやいやもう斑鳩の里を満喫。ただ、残念なことに有名な菩薩様のおられる中宮寺、ただいま出張中ということで見れなかった(泣) また何年か後に来なきゃダメかあ~。
そんであれだな、奈良って今回も、あれを食べたいとか、入ってみたいとかいうお店が全くなかった。どうも商売が下手な気がしてならない。京都ってお寺も神社もなぜだか買わなきゃという気になる心憎い小物に溢れてて、それがある意味えげつなく感じる部分もあったりするけど、奈良は「そういうの狙ってちょっとやってみたけど反応がイマイチなのでやめました」みたいな残骸があちこちに残ってて、なんだか垢抜けないのですよ。でもそういうのがまた素朴で、京都とは違う意味で何度も行きたい場所なのです。
なんにしても、雑誌「一個人」の「仏像特集」や「奈良特集」を見返すと、これも見た、これも!というのがちょっとずつ増えて嬉しい。でも奈良も京都も見ても見てもまだまだ行ったことがない場所がわんさかあって、一生かけて頑張るぞー!!
そして、昨日から「日出処の天子」を読み返してます♪
[PR]
by bigblue909 | 2010-06-05 17:46 | 日常生活

プチ東京旅行

もう1週間も経ってしまったけど・・・先週は(確か)4年ぶりぐらいになる東京に行ってきました。気がつけばすごく長くなってしまってすみません・・・。

東京ディズニーランド
朝の7時の飛行機に乗って、まずはディズニーランドへ。ランドの方は10年ぶり。シーは綺麗だけどちょっと子供だましな感じがあって、やっぱり私はランドの方が好き。今回は→ムーと二人でデート(?)だったんだけど、なにが悔しいって、強力な晴れ女を自負してたのに雨だったこと。でもそのおかげで空いてたようで、最初のうちはファストパスを駆使したけど、午後になってからはほとんど出番がなかった。ビッグサンダーマウンテンなんかフツーに5分待ちだったからね。
a0031041_13191253.jpg私たちのツボにはまったのがスペースマウンテンで、暗闇でキャアァァァァァ!と叫びまくったのがほんっとうに気持ちよくて、結局間にいろんなアトラクションをはさみつつ3回も乗ってしまった。多分よほどストレスがたまっていた二人(笑) 10年ぶりだけあって私はお初なものが多くて、その中で気に入ったのはプーさんのハニーハントかな。雨にも関わらずここだけすごい待ち時間(私たちはFP使用)だったんだけど、なんかわかる。可愛いのもあるけど、あのビックリするぐらい滑らかな動き! 遊園地の進化形だねえ。あとは舐めてたら何度も悲鳴をあげさせられたミクロアドベンチャーも意外で面白かった。お馴染みのアトラクションも、カリブの海賊のジャック・スパロウの顔がもろジョニー・デップになってたり(女性陣はもれなくカッコいい~~♪と言っていた)、ホーンテッドマンションがナイトメアバージョンだったりというマイナーチェンジが。
他に私たちのツボにはまったのが、トゥモローランドにあるモンスターズインクのグッズ店。可愛くていろいろ買っちゃった。ディズニーランドの一番良い所は、あそこに行くとなんだかみーんな優しくなれるんだよね。今日だけはニコニコしてようよみたいな。まあ、入り口で金切り声あげて子供二人を怒鳴ってるお母さんもいたけど(笑) あとはジャージ着て来てやる気マンマンのおじさんとか、田舎からスーツでおめかしして来ました風のおじさんグループが列に並んでいそいそとピーターパンのカートに乗り込んだり、良いねえ、微笑ましいねえ。みんな童心にかえっちゃうんだよね。まあ、ひとつショックだったのは夢の国で10箇所も蚊に刺されたことかな。
結局、ムーと私は女二人で朝の10時から閉園の夜10時まで、疲れ知らずで遊び倒した。2回食事して決して急がずゆっくりしてたのに、14アトラクション楽しんだよ。いろんな話もたくさんできたし、雨の中付き合ってくれて本当にありがとう! 次は富士急ハイランドで声が枯れるまで叫ぼう。
舞浜駅で別れて、私はツアーにセットになってた品川のホテルへ。東京オリンピック誘致失敗をライブで見つつ、夜中の1時に就寝。

東京観光
次の日は友人の社長(あだ名)がお昼まで仕事だったので、ゆっくり寝て10時半にホテルを出る。BB的にはもう東京で見たい所ってほとんどないんだけど、もし東京に行くことがあったらやろうと思ってたこと、それは
靖国参拝
a0031041_13193226.jpg
右曲がり且つ特アウォッチャーの私としては一度は行っておかないとね(笑) いかにも遠くから来ました風にキャリーバッグをガラガラと引いて来た私を、神主さんが嬉しそうにニコニコと見ていた。靖国神社は敷地は広いけど建物自体はテレビから受ける印象よりも小さくて閑静な神社。他国の行事にガタガタ言うヤツは一度来てみりゃ良いんだよ! ってぐらいフツーな所。
しかもなにに驚いたって、パンツ見えそうなぐらいのミニスカート&金髪&ギラギラファッションのおねーちゃんが一人で来て真摯に手を合わせてたこと。そして中国人もいた。「ガタガタ言う前に一度来てみた」人なのかも。
a0031041_1320059.jpgそれから13時に新大久保へ。そう、コリアンタウンです。社長と落ち合って、私が下見して決めておいた「とんちゃん」というお店でランチ。外に並ぶくらい繁盛してた。店員さんもジャパンナイズされたサービスをする韓国人ばかりで、異様な愛想の良さのなか気持ちよく食事を終える。このあと職安通りのスーパーで、また山ほど食材を買ってしまったんだけど、食材もCDやなんかも、品揃えは職安通りの方が良いけど全体的に値段は高かった感じ。JRの新大久保駅近くの通りの方が、品薄だけど安かったと思う。これから行く人は参考にしてね。
韓国には全く興味のない社長談「これって違法だよね・・・?」、明らかにテレビから録画したお手製DVDを堂々と売る店、そしてそれを目の色変えて大量買いして行くおばちゃんたち。警察の皆さん取り締まってやってー!

夕方に池袋に行って、BBの思い出巡りでもしようかと思ったものの、相変わらず暑くて臭くて人口密度が高い池袋駅についた途端、すっかり気持ちが萎えてしまった。品川と、靖国のある千駄ヶ谷を歩いた時は、ここなら住んでも良いかも・・・と思ったんだけど、新大久保と池袋は見れば見るほど醜かった気がする。
社長の彼氏を呼んで3人で17時から居酒屋へ。二人は付き合い始めてまだ半年になってないけど、来年には一緒に住むらしく、犬を飼おうと嬉しそうに犬種の話をしてた。気さくな人だったのでBBもすぐに打ち解ける。社長の彼氏は代々見てきたけど、最後に良いのをつかまえたなと。元々明朗な性格の社長だったけど、さらに磨きがかかって丸くなったみたい。去年会った時は「もう実家に帰ろうかな」と弱音を吐いてたので、んもー本当に良かったね、と。
とにかく今回は、この社長が2度も明石まで来てくれたのに、私は一度も行ってないのが申し訳なくて立てた計画だったので、これで胸のつかえが取れた感じ。東京で一人で頑張ってたら、誰だってその姿を見てほしいもんね。
a0031041_13212046.jpg彼氏の方が良い感じに酔っ払って「カラオケに行きたい」と言うのでゴー、「犯罪者特集」と称して〇室氏の曲をみんなで歌う。私はglobeの「FACE」にしたら、SHOW劇クリップというバージョンがあり、政五郎というじいさんが出てきて怪しげな踊りを。しかもマーク・パンサーのラップ部分まで歌って(朗読して)くれたもんだから、BBは最初のワンフレーズ以外全く歌えず、呼吸ができなかった。久しぶりに腹の部分で体がポキンと折れそうなぐらい笑ったよ。ジョイサウンドに行くことがあればぜひ。政五郎じいさん→

初対面
最後の日は、社長の家の近くまで→ココロさんに来ていただいて二人でランチ。Blogでのおつきあいはもう5年近くになるけど、お会いするのは初めて。すっごく緊張するかも? と思ったんだけど、私はすぐリラックスできて。ココロさんの優しい雰囲気のおかげでした。私が前にプレゼントした、手作りのブレスレットもしてきてくれて感激。
二人でスピリチュアルな話(?)から他愛もない話まで、あっという間に1時間半過ぎてしまった。私、女性の会話能力って、もはや一種の才能なんじゃないかと思う。ちょっと遠い所だったのに、わざわざ来てくれて本当にありがとう。

まとめ
二日間とも寝るのは遅かったけど睡眠時間はきちんととったので、全然疲れてない! と思って会社に行ったんだけど、やっぱり仕事したらダメだった・・・金曜日には帰ってきてしばらく動けないほどグッタリ。昨日の日曜日は、お昼寝・転び寝・夜の睡眠合わせて11時間も寝てしまった。これで復活しなくては。
そして自分の昔の東京の生活を思い起こすと、東京に対して良い感情も郷愁も持ってなかったんだけど、今回の旅で良かったことは、それがちょっと払拭できたことかな。多分私自身の見る目が変わっただけで。物事に色をつけるのは自分だからね。
というわけで、これから2ヶ月ほどは結構忙しいです。ホットヨガ、奈良の寺巡り、ハングル検定、MUTEMATHのライブ、クリムト展などなど、ざっと思い出しただけでもいろいろ。一体なにをしてる人なんでしょうね、と自分でラインナップを遠い目で見つつ・・・。
[PR]
by bigblue909 | 2009-10-12 13:22 | 日常生活

そうだ、京都行こう。初秋バージョン

a0031041_13233671.jpg先月京都に行ってきたばかりだけど、今回は相方が珍しく「泊まりで行こう」と言い出したので実現。日帰りでは行きづらい所へと、大原に行くことに。京都~♪ 大原三千院♪ です。茜を相方の実家に預けて、昼食をとって移動してとしてたら、大原でバスを降りた頃には15時。やっぱり、泊りじゃないとなかなか来れない所。
大原は本当に山奥という感じで、お土産屋さんが並ぶ年中お祭りみたいな細い小道を歩くと三千院の前に出る。そのすぐ近くにある旅館を予約してたので、チェックインして荷物を降ろし、いざ観光へ。

三千院
歌にもなった三千院。ここは正統派という感じ。美しい庭園を前に寛ぎ、正座をする菩薩様という珍しい仏像を見て、お坊さんのお説教も聞けてといたれりつくせり。私たちは閉園間際だったからできなかったけど、無料でa0031041_13235783.jpgプチ写経もできるらしい。
←庭園でBBさん。なんだか「リング」みたいで怖い。

音無の滝
三千院から歩いて10分ほどのとこにあるんだけど、すでに日が暮れかかって肌寒くなってきてたのに、延々と続く山道を登ってたら暑くて汗が。昼間だったらきっと汗だくだったので、この時間で正解だったかも。滝は小さいけど流れる水が冷たくて気持ち良かった。

魚山園
今回は相方が奮発してくれたので、お高いお宿。建物は古いけど料理が美味しい。部屋でちびちびと運ばれてくる京懐石、引き上げ湯葉に松茸ふぐちり♪ お風呂には2回入ったけど、岩風呂の方が私一人の貸切状態で喜んでたら、脱衣所からおっさんの声が聞こえてくるので間違えて入ったか?! とパニック。とりあえずタオルで隠して「すみません入らないでください」と訴えようとドアを開けたら、おっさんのような声を出すおばさんだった。ばかあぁ(泣)
フカフカの布団と、歩き回った疲れと、ストレスと日常業務と茜の散歩からの開放で、久しぶりに9時間ゆっくり寝た。朝ご飯は湯豆腐、あー極楽極楽。
a0031041_13245520.jpg
勝林院
朝の9時半に宿を出て、ガッツリ観光開始。ここはこじんまりしたお寺で、本堂があるのみ。ガイドブックにボタンを押せば大迫力の声明が流れると書いてあったので探したんだけどみつけられなかった。

宝泉院
今回見たお寺の中では私はここが一番好きかな。鴨居と敷居を額に見立てて庭園を見るんだけど、お抹茶とお菓子も出てくるのが嬉しい。伏見城からの血天井があって、係りの人が「ここが目で、鼻で・・・」と説明してくれるのを見てたら本当に人の顔がボワッと(怖) 他の人が「写真撮ったらなんか写ったりして」と言ったら、「そういうこともあるらしいです」と返したので、誰も写真を撮らなかった。このお寺もなんだか人んちに来たみたいな庶民感と京都らしい上品さが同居するとこだったよ。

寂光院
ここはお寺が、というよりも、行くまでの道程が素晴らしい。一昔前の日本を歩いているよう。コスモス越しに見る田んぼの風景に、ああ、私もこういう所で昔は遊んだと思った。小さい頃を田舎で過ごすことって、きっと本a0031041_1325129.jpg人が思ってるよりもすごく良い体験だったんだなと思う。そして聞こえてくる音が虫の声と風の音だけなの。車が来るとすぐわかる。うちの周りのひっきりなしに轟々となる車の音はなんなんだろう・・・と思ってしまう。
そして道端で屋台を出して売ってたお茶の葉、あまりに良い香りなのでふらふらと入ってしまったんだけど、すっごく美味しかったので購入。やっぱり美味しいお茶って良いな。

というわけで、初めての京都お泊り、なんだか帰るのが名残惜しくて後ろ髪引かれつつ帰ってきた。京都って、日本の原型を残してるのになんだか異国に行ったような気分になってしまうのは私だけだろうか。「おこしやす~」なんていう言葉も含めて、やっぱり純日本という名の異国というか。大原のお寺は庭園を売り物にしてるのが多かったけど、お寺が、という限定よりも、あの山里の自然を全て含めて風景が見もの、という感じ。まだまだ行きたい所は尽きないわ、京都。
だけども来月か再来月、奈良で一人で自転車こいできます。今回の京都でも思ったけど、やっぱリュックサックは必要だ。奈良の前に買うぞ。
[PR]
by bigblue909 | 2009-09-23 13:28 | 日常生活
line

ビッグブルーの本気な無駄話。


by bigblue909
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite